ライフスタイル

【2月】日常を忘れてリラックス♡ お手軽なキャビンで過ごす、癒しの週末キャンプ

週末に休暇をとって1泊2日のお手軽キャンプへ出かけてきました♪ 今回は必要な食材だけ持って、小屋タイプのキャンプ施設・キャビンへ宿泊。気軽に非日常空間を味わえて、女子キャンプにもおすすめです♡ ほんの少しのお休みで、心と体にご褒美を♡

暖かいキャビンの中で、ゆったり冬ごもり

キャビン(木造の小屋)には、ベッドや電源など最低限の設備があります。私が今回宿泊した施設には、外側にハンモックと簡易キッチン・焚き火台もついていました。

山のふもとなので、夜の気温は-10度と冷え込みましたが【毛布・寝袋】をレンタルしてヌクヌクとおこもりできました♪ 小屋の中から感じる木の匂いや、窓の外に見える雪景色にも癒されます。

お部屋の端には薪ストーブも♪ 数時間おきに薪をくべる手間がかかりますが、それもまた楽しみのひとつです。室内がじわっとあたたまると、長袖一枚でも平気なほどに。火がゴォーっと燃え上がるのをただ見つめているだけで、生きるパワーをもらえます。

静かに読書をしたり、外気で冷えたお気に入りのおやつを食べたり。オンラインとの距離をとり、日常を五感でフルに味わえるところが魅力です。

キャンプといえば、やっぱり目玉はお食事♪

キャビンの外にあるテーブルで、ゆったりと食事を楽しみました♪ 焚き火&手持ちのキャンドルを点けて、薄明かりの中で食べるのが幸せ♡ テーマはずばり「山のレストラン」です。

鷹の爪をふんだんに使った「激辛アヒージョ」で燃え上がりました(笑)澄んだ空気の中で一口一口がおいしく感じられて、あまりの充足感に生まれてきたことに感謝したほどです。冷めてしまわないうちにペロリ♪

無類のトマト好きなので、朝ごはんにはトマトをたっぷり使ったスープを♪ たちこめる湯気と香りに、心から幸せを感じられます。他にもホットサンドやBBQを楽しみましたが、必要な機材はすべてレンタルで済ませられました!

自然と共に生きていることを思い出す

木々の隙間からのぞく月があまりにも綺麗で、しばらく見入ってしまいました。普段東京から見ている月と同じはずなのに、ここにいるとなぜだか鮮明で、とても眩しい。月を見上げるたびに思い出したくなる景色です。

木がどうしてこんな色をしているのか、ご存知の方がいれば教えてほしいのですが…。いわゆるニュアンスカラーと呼ばれているような色で、その美しさにインスピレーションを受けました。そしてブログのメインカラーを変更(単純)。

キャンプ場内で見つけた、ちいさな仕掛け

待ち時間に立ち寄った、キャンプ場内のカフェで。こぽこぽと注がれるコーヒーの音。目にも心にもやさしさが沁みるドライフラワーたち。自然を愛する人の手でつくられた空間に、ほっこりと癒されました。

かわいらしいケトルやランタンを並べたインテリアに、アウトドアムードが高まります。女子キャンプにはうれしい撮影スポットもいっぱいです♪

せっせと薪を運んでいたら、焚き火を囲む小人たちを発見! キャンプ場内にはこんなお茶目な仕掛けがたっぷり♡ キャビンの中でも外でも、ひとつひとつの小さなことが喜びに。

週末キャンプでは、忙しい毎日を過ごす中で失ってしまいがちな「研ぎ澄まされた感覚」を取り戻し、身も心もたっぷりリフレッシュして日常生活に帰れます♪

北軽井沢スウィートグラス
〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990