ファッション

「ファッションセンスがない……」と感じる女性向け【今すぐできる対処法&磨き方】

この記事は「ファッションセンスがない」「洋服選びが苦手かも……」と感じている女性向けに書いています。

日々忙しなく働いている現代女性、できればファッションセンスを磨くために回り道はしたくないもの。少しでも余計な手間を省き、やりたいこと・やるべきことに多く時間を使いたいですよね。

私自身、特別センスがいいというわけではないですが、昔からファッションが好きで、センスを磨くためにあれこれ試したり、ファッション関係の仕事をしたりしてきました。そんな中で見つけた【”効率的な”対処法&磨き方】をご紹介します。

実践するメリット

【対処法】毎日の洋服選びが楽になる、人からダサいと思われない

【磨き方】ファッションが面白くなる、センスが良くなる

手っ取り早くなら【対処法】を、根本から変わりたい場合は【磨き方】をチェックしてみてください。ファッションに対するストレスが少しでも軽減すると幸いです。

「ファッションセンスがない」を早く解決する方法

まずは「ファッションセンスがない」という悩みを早く解決する対処法をお伝えします。

「今すぐに変わりたい」「できればファッションに時間をかけたくない」なら、あれこれ勉強するよりもシンプルな方法で解決した方が効率的です。

ファッションは人目につくものなので、いわゆる「ダサい」と思われる服装をするとイメージダウンにつながる可能性もありますよね。そのため、できるだけ手間をかけず簡単に、他人に好印象を与える服装をつくりましょう。

買い物はベーシックブランドで統一する

複数のブランドに手を出すよりも、一つのブランドに絞った方が効率的です◎ 今の時代、ベーシックブランドはダサいものではなく”洗練されたもの”。ミニマリストが憧れられる時代なので、とにかくシンプルにまとめれば失敗しません。

私の知人で「ファッションに興味がない」という方も、ほぼユニクロのみで買い物をしていますが、シンプルかつ今っぽさがありおしゃれです。

洋服から靴まで揃っていますし、ベーシック〜きれいめがお得意なので、デイリー・オフィス・ママ・デートetc……どんなシーンでも安心して使えます。

【ユニクロ】のレディースアイテムを見る

上品よりも自然体でいたい、着心地のよさを重視したい方には無印良品がおすすめです。ナチュラルテイストで毎日使えるアイテムが揃っているので、いつでも「落ち着いている人」「親しみやすい人」という印象を与えられます。

肌触りのよさにこだわっており、外見だけでなく自分自身の気分も◎。 我慢をしない服装選びで、ストレスフリーに過ごしましょう。

【無印良品】のレディースアイテムを見る

インスタで自分と似た人だけをお手本にする

今はインスタを開けば、おしゃれな人のコーディネートが無料でたっぷり見られます。ここでポイントとなるのは、参考にする人を最小限に絞ること

「あの人もこの人もいいな」とあれこれ取り入れると、それが”ちぐはぐなおしゃれ”の原因になり、ファッションセンスがない……と悩むケースがあります。色々な人を見て楽しんでもOKですが、お手本はできるだけ自分と似た要素を持つ人が安心です。

自分と似た要素の例

  • 体型(細身、ぽっちゃり、なで肩、身長など)
  • 顔つき(きれいめ、中性的、童顔など)
  • 年代(30代、40代など)
  • 生活(OL、ママ、アウトドア好きなど)

なるべく早く変わるには、共通点のある人から学ぶのが手っ取り早く、そして回り道や失敗を減らせます。

おしゃれな人から直接アドバイスをしてもらう

「自分でどうにかするのには限界を感じる」「TPOに合わせたおしゃれがわからない」場合は、おしゃれな人に直接教えてもらうことをおすすめします。

情報を探しに行くのではなく、自分に合ったアドバイスをもらえるので非常に実用的です。

ただし、ネット上で見つけたおしゃれな人に聞きすぎると、迷惑をかけてしまうことも。できるなら、しっかりお返しのできる身近なおしゃれさんがいいです。ケーキやランチをご馳走するなど、教えてもらったらお礼をしましょう。

でも、知っている人に聞くのは気が引ける……。そんな気持ちもわかります。ファッションのアドバイスをもらうなんて、相手からどう思われるかわからないですしね。

そんな場合は、個人スキルサービスの【ココナラ】ファッション相談をするのも一つの手段です。有料ですが、現役スタイリストさんやパーソナルカラー(似合う色)診断のプロに話を聞けるので、誰にもバレず確実に変わりたいなら使う価値があると思います。

洋服選びをスタイリストにお任せできるサービスを使う

  • 洋服を選ぶ時間がもったいない
  • できれば自分では何もしたくない、洋服選びは諦めたい
  • ファッションに気を取られず、やるべきことに集中したい

こんな方には、スタイリストが洋服を選んで届けてくれるファッションレンタルサービスが適しています。自分で選ばずともトレンドアイテムを常に着られるので、いつでもおしゃれでいられて安心です。

ただし、基本的には月額制なので、収入面で一定の余裕のある方に向いています。それを差し引いても「ほとんど何もしなくていい」「スタイリストが選んでいるから常にセンスいい」のが最大のメリットです。

エアークローゼット


有名どころのエアークローゼットでは、月額9,800円(税抜)のレギュラープランが人気です。トレンド服を一度に3着までレンタルでき、さらに何度でも交換できます。

1着10,000円程度の服×3着=30,000円程度なので、一度レンタルしただけでも大きく元が取れます。しかもその後は交換できるから「同じ服ばかり」になりません◎

シンプルなベースの服だけは自分で購入しておき、考える手間のかかるトレンド服をレンタルするのが賢い使い方だと思います。

エディストクローゼット


きれいめテイストのエディストクローゼットでは、月額8,600円(税抜)のプランでコーディネートセットが月3回(5日,15日,25日)届き、それぞれ1ヶ月間レンタルできます。

セット例は【ブラウス・カットソー・スカート・パンツ】といったように、ワンパターンではなく着回しができるように組まれており、実用的です。合わせやすいアイテム同士が送られてくるので、難しく考えずとも着回しが成功します。

リリ
リリ
人から見られる機会の多い女性は、活用する価値あり◎

遠回りせずにファッションセンスを磨く方法

ここからは、遠回りせずにファッションセンスを磨く方法についてお伝えします。

手間なく解決するよりも、「自分でセンスのいい服選びをしたい」「今よりファッションを楽しみたい」とお考えの方向けです。

日頃なんとなく雑誌を読んだりインスタを眺めたりしているけれど、いまいちピンとこない。それは一体何が”ファッションセンス”というものにつながるのか、そこに書かれていないからかもしれません。

ただ見ているだけで感覚的にセンスが磨かれていくのなら、苦労なんてしないもの……。確かにそういうタイプの方はいるのですが、もしそうでないのなら”センスを磨くための要点“をあらかじめ押さえることで、少しずつセンスを磨いていけます。

参考にしたい人のコーデを徹底的に研究してみる

ファッションセンスを磨くには、コーディネートやトレンドをなんとなく見ているだけの状態から抜け出すことが鍵になります◎

そのために必要なのは、「どうしてこの組み合わせがおしゃれなのか」「どうしてアンバランスになっていないのか」を考えながら見てみること。

その際は、自分が参考にしたい人(一人だけ)に絞って、徹底的にコーディネートを研究すると早いです。その人がおしゃれな理由を、はっきりと知ってみましょう♪

例えばこの写真を見たときに、通常なら「可愛い!」の感想だけで終わるところを、なぜ「可愛い」と感じるのか探って言葉にしてみます。

  • ニットとスニーカーのカラートーンが似ている
  • メガネが”ブラック”ではなく”ブラウン”だからニットのやわらかい雰囲気に合っている
  • ニットと丸メガネは相性がいい

など、ごく簡単でOKなので、気がついたポイントを見つけ出して言語化するのです(意外と大事なポイントはシンプルなもの)。そうすると、可愛いコーデはどうして可愛いのか、可愛いコーデはどうやって作れるのかがはっきりとわかります。

「この人みたいになりたい」と思える人から学んで、楽しくセンスを磨きましょう。

トレンドを追いかけすぎず、自分の「好き」を探す

いわゆる”時代遅れ”と言われるような服装は、あまりその人らしさが伝わっていないために野暮ったい印象に見えるのです。

同じ10年前に買った服でも、「あるから何となく着ている人」と「心から気に入って着ている人」とでは、不思議と見栄えが変わりますよね。

もちろん、トレンドを取り入れれば今っぽく洗練されたおしゃれができます。でも、自分らしいセンスがあればどんなスタイルだって格好よく着こなせるもの。それは、古着やヴィンテージ好きの方を見るとビシビシ伝わってきます。

【WEAR】で古着屋コーデを見る

なんとなく洋服を選ぶのをやめて、嘘偽りのない本当の心のトキメキを探すと、それがあなたらしさ満点の一着になるのです。なかなか出会えないかもしれませんが、ぜひ根気強く探してみてください♪

ファッションに限らず「美しい」と感じるものに触れる

ファッションセンスを磨くには、ファッションに限定せず”美的センス”を磨くことが有効です。先ほどの「好き」を探すのと同じで、自分にとって「美しい」と感じるものに積極的に触れること。

大事なのは自分にとって、というところです。「他人はどう思うか」「あの人にとって美しいか」は全部忘れて、自分の心に正直になってみてください。

たくさんのものを見れば見るほど、その感覚は研ぎ澄まされていきます。そして「私はこういうものに魅力を感じるんだな」とわかってくると、だんだん自分のセンスに自信が持てるようになるのです。

美術館へ行ったり作品を見たりするのもそうですし、本の表紙やコスメのパッケージなど、意外と身近なところでもアンテナを張ると自分らしいセンスが見えてきます。

「似合う」「似合わない」を知る

「可愛いな〜」「このトレンドの服着てみたい!」と感じた服が、いざ着てみるとなぜだか似合わないことってありますよね。似合わないのにはいろいろな原因がありますが、多くは雰囲気(顔つき・体型など)とのミスマッチです。

  • 顔つき・体型(大人顔、童顔、肩幅、身長など)

メイクや髪型を変えて「似合う」に近づけることはできても、その人本来の雰囲気に合っていないとどこか違和感が出てしまいます。強そうな雰囲気の人にはガーリーな服装が似合わないし、やわらかい雰囲気の人にはスタッズのついた激しい服装は似合いません。

そして、似合わない服を無理に着ていると「ファッションセンスがない」と感じる原因になります。テクニックである程度似合わせることは可能ですが、違和感があるなら無視せず、“しっくりくる”を大切にしましょう。

「似合っている」だけでも十分ですが、「好き×似合っている」が掛け合わさっている人には、唯一無二の存在感があります。

本質的なファッション本/記事を読む

ファッションセンスを遠回りせず磨くには、あれこれ情報を取り入れるよりも、本質的な情報に絞って学ぶと早いと思います。

トレンドをなぞっていると、世の中の動きを追うスピード感は身につきますが、”自分のファッションセンス”という観点で見るとちょっと遠回りです。まずはセンスを磨いてからトレンドを取り入れると、いい感じに乗りこなせます。

特に本からは、普遍的なテクニックや、誰かのファッション観を濃く知ることができます。著者によって言っていることが違ったりしますが、それでも実践的な内容が書かれているので、試しながら自分に合う手法を見つけられるのがメリットです。

ブログ『ミランダかあちゃんのスタイルレシピ』で人気の、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの著書です。ミランダかあちゃんって、ミランダ・かあ……? その名前だけですでに惹きつけられてしまいます(笑)。

どんな時もズバッと本音で、コーディネートの組み方やアイテムの選び方にしっかりとしたロジックがあるお方なので、まさに教科書的な一冊です。上辺的なおしゃれ女子トークではなく、まるでお母さんのように親身に教えてくださります。

『東京は夜の七時』で有名なおしゃれ歌手・野宮真貴さんの著書。『おしゃれはほどほどでいい』とタイトルにありますが、おしゃれを楽しみたい方向けの本です。

「気に入った服なら毎日着てもいい」「声にもメイクを施す」など、経験多き50代の女歌手ならではの視点がユニークで、読み物としても楽しめます。

教科書として読んでもいいですし、私は”ファッション観はそれぞれの人生経験によっても培われていくものなんだな”と感じ、より自分らしいおしゃれを愛そうと思えました。

今の時代、解決策はいろいろあるので問題なし

「ファッションセンスがない」と悩んだとしても、今は恵まれた時代なのですぐにできる解決策が多くあります。

ファッションセンスを磨いてもいいし、コーディネートを楽にする方法を選んでもいいし、どうやっても自由です。苦手なことはやらずに任せる・得意なことにフォーカスするというのも、現代だから実現しやすいこと。

必要なのは”行動”だけです。ご自身に合った方法で、悩みを手放していきましょう。